住まいに合わせて選べる キッチンレイアウト

I型

I型は全面が壁に面している最もスタンダードなレイアウトです。
キッチンのスタンダートタイプ
シンク・加熱調理器・(冷蔵庫)を一直線に並べた、最もスタンダードなタイプです。全面が壁に面しており、吊戸棚を設置する事が可能です。限られた空間を効率よく活用できるレイアウトです。

L型

L型は壁面コーナーに合わせて配置するため料理スペースが広くとれるレイアウトです。
シンクと加熱調理器との移動がしやすい
シンク・加熱調理器などがL型に配置されたタイプです。
壁面コーナーに合わせて配置するレイアウトで調理スペースが広く、より効率的に作業ができます。

ペニンシュラ型

ペニンシュラ型はキッチンの側面を壁面に接し、半島のように突き出しているレイアウトです。I型L型の2種類のタイプがあります。
開放感のある対面キッチン

ペニンシュラ(半島)型は、I型・L型などのレイアウトの左右どちらかが壁面に接し、その反対側が半島のように突き出しておりダイニング側からも作業のできる対面タイプです。

通常のI型・L型よりもカウンターの奥行きが広く、ダイニング側にも収納スペースが付きます。
レイアウトも通常タイプ・L型タイプの2種類がございます。

ペニンシュラ型はオープンキッチンのためキッチンそのものがインテリアの主役となります。ダイニング、リビングに合わせてカラーを選ぶことで、お部屋全体を華やかに演出できます。


アイランド型

アイランド型は壁面に調理設備の一部を隣接させず独立させた島型のレイアウトです。
キッチンがいつでも主役
アイランド(島)型は、調理設備の一部をキッチンの中央へ島のように配置し、壁面への隣接が全くない独立タイプです。ご家族やご友人と賑やかに料理を楽しむ事ができるレイアウトになります。